スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリステルのお鍋

今日は我が家で使っているお鍋のお話。

毎日使っているお鍋はクリステルのシリーズです。










特徴は…

■持ち手がはずれるので直径14cm~24cmの鍋を入れ子式に重ねて収納できる

■三層構造で蓋の密閉性が高くムラなく熱がまわって短時間で調理が可能

■スマートなデザインでお手入れも簡単

などなど。

購入するにあたってはカタログを熟読し、自分なりのチョイスで…。

(これからクリステルのお鍋を購入予定の方の参考になればうれしいです。)


クリステルは両手鍋だけでも
14cm 16cm 18cm 20cm 22cm 24cm
の大きさがあります。

ラインナップはこちらを参照

16cm・18cm・20cm + ハンドル + 20cm用クッキングバスケット + クッキングプレート がセットになったスターターセットというものがあります









お値段も単品で購入するより割安のようです。





私がまず初めに選んだのは
16cm・18cm・22cmの両手鍋とハンドル。
スターターセットの鍋の大きさが中途半端に感じたのと、全サイズの鍋は必要ないと感じたためです。
とりあえず、とびとびで買ってみて、足りなければあとで買い足せばよいという考えで選びました。
16cmはブロッコリーなどのちょっとしたお野菜をゆでるのに重宝します。
18cmはお味噌汁用
22cmは煮物用
 
















この3つのサイズは我が家には大正解。

これに24cmの大鍋と24cm用クッキングバスケットを買いたしました



こちらは麺類をゆでるときに大活躍
20cmの両手鍋にもクッキングバスケットがありますが、ちょっと小さめに感じたので24cmをチョイスしました。


24cm鍋に重ねて使う蒸し器もあります。












茶碗蒸しなどを作るときには良いかも…ですが、我が家には収納場所がないのでこれはパスしました。
4945247320947_t.jpg


無印良品で購入した蒸し器をナベ底に引いて水をはり、その上に器をのせて茶碗むしなどを作っています。
今のところ、これで十分かな…


あと買い足したもので一押しなのがコチラ



26cmの浅型鍋

煮魚なども重ならないように並べて綺麗に煮ることができます。
ホウレンソウをゆがくのもこの鍋で。











クリステルは気密性が高いのでごくわずかな水で調理することができます。食材のもつ水分でまかなえるのです。
ホウレンソウなどは鍋に入れた後ほんのわずかな水を加えて蓋をして3分。裏返してさらに3分でゆであがりです。
お湯をわかさなくてもよいので重宝してます。
ゆであがったものはお湯をわかしてゆでたものと同じように流水で灰汁を流して完了。
ガス代も水道代も節約です。
18cmのお鍋も野菜をゆでるには小さいようですが、具材とほんのわずかなお水でよいのでブロッコリー・オクラ・アスパラなどをゆでるのにちょうどよい大きさで使い勝手がよいです。


そして他に買い足したものは

ノンスティックフライパン 28cm



ガラスふた




これは卓上焼き餃子などテーブル上で使うのに活躍しています。
なんといっても普通のフライパンのようにハンドルが邪魔になりませんし、見た目もきれい。

ついでにおすすめの卓上コンロはこちら



ブラックとつや消しシルバーで形もシンプル
お値段もお手頃です。








他にもノンスティック加工でないフライパン26cmも持っているのですが、今はラインナップから消えていました。廃番になってしまったようですね。このフライパンには26cm浅型鍋のふたがぴったりなので蓋を共有して使っています。
サイズが合えば蓋も共有できるのがクリステルのすごいところ。
ただ、このノンスティック加工でないフライパンは実際に買ってみると出番がそれほどでもないので廃番になったのもなんとなく納得…。


…とこんな感じです。

一度にそろえたわけではなく、使っているうちにあったらいいな…と思うものを買いたしていきました。


もう欲しいというものは今のところないですね。
あえていえば…

このハンドルくらいでしょうか
片手ハンドルはありますが、大鍋ですと片手だけでは重いので両手そえたいところ…これがあればずいぶんありがたい。










我が家の片手ハンドルは赤ですので、やっぱり色をそろえて赤かな…。







追記※ 

実際に使ってみて使用頻度の高いものは、16cmと18cmの両手鍋、26cmの浅型鍋。
26cm浅型鍋は意外に出番が多いです。
煮魚や葉物の調理の他、料理研究家のケンタロウさんのフライパンで作る肉じゃがレシピはフライパンでは小さいのでこちらの浅型鍋で大量に作ります。
両手鍋の次に買いたすとしたら、おすすめなのは26cm浅型鍋かな…。


家族構成で食事量や調理法はそれぞれの家庭で違いますよね。
これは我が家の場合ですのでもしかしたら他の家庭にはあわないかもしれませんが…お鍋を選択される際の参考資料の一つにでもなれば…と思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/15(土) 00:31:12|
  2. KITCHEN

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。